未来の教育設計図ーAI時代にこそ「生命知」を羅針盤にー

長くIB(国際バカロレア)教育に携わってきた大迫弘和と新進気鋭のAI(人工知能)研究者松田雄馬がコラボレーションして描く未来の教育設計図について二人からお話しをいたします。また二人が現在構想中の教育改革のためのコンソーシアムについてもお話しいたします。

実施日時

2022年8月7日(日) 16:00 – 17:00

プログラム紹介

現在学校現場ではデジタルをいかに教育に取り込んでいくか、謂わば学校教育のDX(デジタル・トランスフォーメーション)、デジタルによる教育の変容が喫緊の課題の一つとなっています。先生方はそのことに悪戦苦闘の日々を過ごしています。目の前の子どもたちのために差し迫ってやらなければならないことが他にもたくさんあるのに、といった先生方のため息も聞こえてきます。そしてそのような時だからこそ人工知能の研究者であり、かつ教育にも深い関心を持ち既に具体的なアクションも取っている松田さんとのコラボを実現したいと思いました。デジタルの最先端にいる方とともに教育の未来について考えてみたいと思ったのです。本講演のタイトル『未来の教育設計図 ―AI時代にこそ生命知を羅針盤にー』には、子どもたち一人一人が、日々、それぞれの生命(いのち)が溢れ出すように生きてほしいという松田さんと私の願いがこめられています。本講演は人工知能研究者である松田さんと、教育者大迫による、未来の教育に向けた提言です。

登壇者

  • 大迫弘和 様(教育アドバイザー/デザイナー 一般社団法人Learning for Life研究所所長)
  • 松田雄馬 様(株式会社オンギガンツ 代表取締役/一橋大学大学院(一橋ビジネススクール)非常勤講師/ 一般社団法人Learning for Life研究所代表理事)

参加者へのメッセージ

本講演は現在大迫弘和と松田雄馬が構想中の教育改革のためのコンソーシアム立ち上げのキックオフになります。皆様をお待ちしております。