AI時代の学習を考える 〜成績向上にAIをどう使うか〜

前職でスタディサプリの立ち上げや推進、その他Edtechの研究と実証を重ね、現在はモノグサ株式会社の代表として事業開発を推進する竹内が、AI時代の学習のあり方、教育を取り巻く環境について講演をさせていただきます。

実施日時

2022年8月1日(月) 19:00-19:50

プログラム紹介

●開催概要
前職でスタディサプリの立ち上げや推進、その他Edtechの研究と実証を重ね、現在はモノグサ株式会社の代表として事業開発を推進する竹内が、AI時代の学習のあり方、教育を取り巻く環境について講演をさせていただきます。
・「理解」「活用」「定着」の3ステップから見る成績向上
・学習領域における、AIが得意なこと、苦手なこと
・成績向上に向けて先生がすべきこと、ICTに任せるべきこと

●本セミナーの対象者
・ICTツールの導入・推進を担当されている方
・AIやEdTech、e-learningに興味がある方
・GIGAスクール構想の担当をされている方
・先生の働き方改革推進を担当されている方
・ポストコロナ時代の教育環境に興味がある方

●登壇者プロフィール
竹内 孝太朗(モノグサ株式会社 代表取締役CEO)
名古屋大学経済学部卒。2010年に株式会社リクルートに入社。2013年から「スタディサプリ」にて高校向けサービスの立ち上げに従事。全国の高校1000校を行脚し、学習到達度測定テスト、オンラインコーチングサービスの開発を行う。プライベートでは3児の父であり、休日は一緒にMonoxerで勉強している。

登壇者

  • 竹内孝太朗 様(モノグサ株式会社 代表取締役CEO)

参加者へのメッセージ

教育ご関係者の皆様に新しい視点をご提供させていただければ幸いです。ご出席をいただいた皆様にとって、何か一つでもお持ち帰りいただけるような会となるよう努めてまいります。